fc2ブログ

久々。

だいぶ経ってしまいましたが、8月に年1回の
経過観察がありました。

いつもの通り、レントゲン撮影後に診察。

言われることも一緒。

何ら、変わりません。

でも悪くなっていないので安心。

日々の生活に気をつけながら育児を楽しんで
いきたいと思います。

スポンサーサイト



半年ぶりに

8月の20日に半年ぶりに呼吸器内科へ行ってきました。

診察の予約が9時半。

夏休みなので、ユッキーを児童クラブへ送って
その後、エミリンを保育園へ送って、1区間しかないのに
高速道路を利用。

もったいないかなと思いつつ、そうしないとレントゲンを
診察前に終えていないといけないので、しょうがないですね。

さて、レントゲンを終えて、内科待合室で呼ばれるまで待ちます。
今日は、早く呼ばれるかな?と思いつつ読書。

そしたら、意外と早く呼ばれました。

レントゲンの結果は、前回と変わらず。

そこで、ちょっと気になっていた質問をしてみました。

昨年、新型インフルエンザが流行したときに非定型抗酸菌症の
私は、優先接種の対象だったのか、どうか?です。

ユッキーとエミリンは、6才以下の幼児だったので
早い段階で接種してもらいました。

保育園は、ユッキーのクラスの半分が、新型に罹ってしまい
登園自粛になっていました。

万が一、子どもが罹ると自分にうつる可能性が高いこと。
呼吸器に疾患があると重症化しやすいと聞いていたので
心配に思っていたこと。

先生の答えは
「あなたは、優先接種しなくても良いギリギリの
ところです。」

ということでした。

理由は、レントゲンの結果が、2年以上変わらないので
治っているかもしれないということ。

治っている?

というのは、レントゲンで白く映るというところは
炎症の後が残っている、ということなんですね。

そうなのかぁ!

そして、診察が1年ごとになりました。

半年でも1年でも良いけど、年に1回はレントゲンを撮って
経過をみた方が良い。

ということでしたので、年に1回にしてもらいました。

これで、不安な症状が出ない限り、来年の8月まで
診察は、ありません。

このまま落ち着いた状態で過ごせるように日々の生活を
無理せず過ごしていこうと思ってます。




久々の受診

もうすぐ1ヶ月たっちゃいますが、2月9日に半年ぶりの
呼吸器内科の受診をしてきました。

いつも長く待たされるので予約時間をなるべく早めの
9時半にして、ユッキーとエミリンを保育園に送ってから
急いで病院へ行きました。

しかし、いつものごとく1時間半遅れ・・・。
途中で病棟の患者さんの対応をされていたようで
診察室へ入ると先生が
「遅くなってごめんね。」
と謝られました。

レントゲンの結果は、以前と変わらずでした。

今年の3月31日で非定型抗酸菌症と診断されてから
4年が過ぎます。

エミリンが7ヶ月だったのが、もう4才。
月日が過ぎるのは早いなあと感慨深く思います。

半年ごとの診察を後2回、ようするに1年後も
同じような状態であれば、年1回の診察で良いという
お話をいただきました。

毎回、同じことを先生から言われますが、いつ再発するかは
わからない、このままの状態で続くかもしれない。

とにかく免疫力をなるべく高くして、無理せず生活するのが
一番だと自分に言い聞かせています。

幸い、今のところ症状もありませんし、また半年後の8月の
診察まで、これまでのように生活していこうと思っています。

普段は、病気のことはあまり考えず、ほとんど忘れている状態かも?

病気のことを知っている保育園の園長先生に今回の診察の結果を
お話したら
「悪くなっていないのが1番いいですね。幸い仕事にも行けて
いるし、育児や家事のストレスも仕事に行くことによって解消されたりも
するでしょ?」
と言っていただきました。

本当にその通りだと思いました。

もうすぐユッキーも卒園です。

保育園に入園したのも私が最初、結核と診断されて急遽入院したのが
きっかけでした。

今月24日がユッキーの卒園式。
卒園しても私の仕事の関係上、3月31日まで保育園に通います。
卒園式、色んな人に
「泣くから、ハンカチとティッシュは多めにね。」
って言われてるけど、どうかな?

楽しいような、怖いような・・・。

ユッキーには、後ちょっとしかない園生活を楽しんでもらいたいなあと
思っています。

半年ぶりの診察

8月4日に半年ぶりの診察がありました。
レントゲンを撮って、診察室の前で待っていたら
すぐに呼ばれました。
今日は、待ち時間、長くなくてよかったーと思いながら
診察室に入ると

主治医が
「咳や痰は出てない?微熱が続いたりしてない?」
と座る前から尋ねてくるので
もしかして、レントゲンの結果、悪いのかな?
とドキドキしていたら
前回のと比べるとちょっと白っぽくみえるけど
前々回のと比べるとそう変わっていないのだそう。

それって?

「レントゲンの角度によっても変わるからね。」
というお話でした。
前回、ちょっと良くなってるかもって言ってたのは
結局、変わっていないということでした。

しかし、悪くなっていないのだから前向きに
考えていこうと思ってます。

主治医も
「普通に生活していいからね。仕事?していいよ。」
とおしゃっていたので、せっかくはじめたパートも
ようやく慣れてきたので、続kていこうと思います。

あんまり、病気のことばかり考えていてもしょうがないですしね。

ポジティブ!に生きていこうと思ってます。

服薬終了から1年。

服薬終了から1年が過ぎました。
昨年の今頃は、薬をやめて、急に悪くなったらどうしよう?
とか不安に思っていました。

でも、時々風邪をひいて熱を出したり(←免疫力が低下していたから?)
したけれど、そんなに体調も悪くならず1年を過ごすことができました。

この1年、無理をしないように夫や母に育児や家事を手伝って
もらいながら、休めるときは休むをモットーにしてきました。
また、次の1年も体調に気をつけながら過ごしていきたいと
思っています。


エミリンも保育園に入園して、毎日楽しいようです。
ユッキーより早く起きて、まだ朝の6時半なのに
「早く、保育園に行きたいよ。」
と言いながら、自分で着替えてパジャマを
洗濯かごへ自分でもって行きます。

朝食も以前は、途中で遊んでしまったり、のんびり食べて
いましたが、保育園に行くようになってからは全くそんな
ことはなくなりました。

ユッキーは、エミリンが朝食を食べ終るころに起きてきて
今朝は、アスパラを茹でたのがお皿にのっていたのが
気にいらないらしく
「アスパラだけは、食べない!」
とだだをこねていましたが

「もう、ガチャガチャできなくてもいいんだね?」
と言うと

「お母さん、見て!アスパラ全部食べたよ。」
と言いにきました。

この時点で、エミリン、園服も着て帽子もかぶって
玄関で靴を履いて
「お兄ちゃん、早く行こうよ。」
と待ってます。

しかし、ユッキーは、のんびり屋さんなので
朝食を食べた後も着替えもせず遊んでいます。

エミリン、待ちくたびれて部屋の中に戻ってきました。

まるで、兄と妹が反対ですよね。
妹の方が、しっかりしてるし。

やっぱり、女の子の方が成長が早いのかなと
思う今日この頃です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード